石川県金沢市の口コミで評判のいいリフォーム業者を徹底比較!お役立ち情報とともにランキング形式で業者を紹介します。

【2024年最新版】石川県金沢市で使用できるリフォーム補助金制度をまとめました!

公開日:

金沢市 リフォーム 補助金制度 2024

金沢市でリフォームを検討している方は、補助金を利用できる可能性があります。補助金を利用すれば、工事費を賄えます。

少しでもお得にリフォームをしたいのであれば、補助金の利用がおすすめです。本記事では、金沢市のリフォーム工事で利用できる補助金制度を紹介します。

これから金沢市でリフォームを予定している方は、ぜひ参考にしてください。

金沢市の特徴と治安

石川県にある金沢市は、観光地としても人気のあるエリアです。商業施設や医療機関が集まっており、比較的住みやすいです。

中心地は、バスなどの公共交通機関が発達しています。しかし、中心地から少し離れると、車が必要になります。

そして、金沢市の犯罪発生率は、日本で40位です。全国的に見ても、犯罪件数が少なく、治安がよいエリアと言えます。

しかし、金沢市片町付近では、居酒屋やクラブが立ち並んでいるため、治安が悪いと感じるかもしれません。

金沢市のリフォーム時に利用できる補助金

金沢市でリフォームをする際、少しでも費用を抑えたいと考えるでしょう。金沢市には、リフォーム時に利用できる補助金が用意されています。

補助金を上手に使えば、リフォーム費用の節約が可能です。ここでは、金沢市で利用できる補助金について、詳しく解説していきます。

これから金沢市でリフォームを考えている方は、ぜひ参考にしてください。

こどもエコすまい支援事業

こどもエコすまい支援事業では、開口部の断熱改修やエコ住宅設備の設置などのリフォームに対して補助金を配布する制度です。

補助金には予算が設定されており、達し次第締切されます。申請する方が多くなると予想されるため、早めに申請しましょう。

補助金の申請が通ったら、指定された日に現金が付与されます。対象となる項目が多いため、補助金がもらえる可能性が高いです。

木のある暮らしづくり奨励事業

金沢産のスギ柱を50本以上使用するなどといった条件を満たし、尚且つ金沢市にある木造住宅を改装する場合に受けられる補助金です。柱1本あたり2,800円の補助金が受けられます。

限度額は25万円で、さらに他の条件を満たせば、上乗せ補助が支給されます。金沢産材証明書があるなどの条件があるため、事前に確認が必要です。

上乗せ補助は、1平方メートルあたり1,000円で、上限は5万円です。

断熱リフォーム支援事業

断熱リフォーム支援事業は、既存住宅の窓やドアを高断熱仕様へリフォームする際に利用できます。既存住宅を対象にしているため、新築住宅では利用できません。

1年に4回ほど公募をしていますが、申請金額が予算に達した場合は、公募期間中でも締め切られてしまいます。申請する際は、トータル断熱と居間だけ断熱のコースから選択をします。

コースによって、補助金額の上限が異なるため、希望しているリフォーム工事と比較して申請しましょう。

創エネ・省エネ・蓄エネ設備設置費補助

金沢市では、地球温暖化を対策するために、太陽光発電システムや断熱窓などの導入に対する補助金制度を用意しています。市民税を滞納していないことなどが条件です。

この補助金制度は、設備の導入前に申請をする必要がありません。設備の導入後に報告書の提出が必要です。

導入する設備によって、補助金の最高額が異なります。導入前の申請が不要なので、比較的利用しやすい補助金制度です。

金沢市で補助金申請をする流れ

補助金を利用する場合は、申請をする流れを把握しておくとスムーズに対応できます。基本的には、どの制度も同じような流れです。

とはいえ、制度によって細かな違いはあります。ここでは、基本的な補助金申請の流れについて、詳しく解説します。

補助金の詳細を確認

まずは、金沢市で利用できる補助金の詳細を確認しましょう。対象となる工事内容や補助金の上限などを確認しておくと、利用できる制度が把握できます。

リフォームで利用できる補助金制度は、主に国や地方公共団体などが用意しています。詳細は、それぞれの公式ホームページで確認可能です。

また、補助金制度の公募期間も必ず確認してください。公募期間を過ぎると、申請ができず、補助金が受け取れません。

また公募期間中であっても、予算に達したら締め切ることも多いです。そのため、リフォームをする際に補助金を利用したい場合は、早めに申請をしましょう。

見積書の作成依頼

リフォームをしてもらう業者に、見積書の作成依頼をします。リフォーム計画書を作成し、補助金制度の条件を満たしているか確認することが大切です。

条件を満たしていないと、申請しても補助金は受け取れません。見積書やリフォーム計画書を作成した段階で確認をしておけば、問題なく申請できるでしょう。

自分でわからない場合は、業者の担当者に相談してください。

補助金申請に必要な書類を提出

業者から見積書やリフォーム計画書を受け取ったら、補助金申請に必要な書類をそろえます。補助金制度によって必要な書類が異なるため、漏れがないようしっかり確認しながら進めてください。

補助金申請の書類提出は、業者が申請代行することもあります。必要な申請書類は、各制度の公式ホームページからダウンロード可能です。

書類に不備があると申請が却下される可能性もあるため、必ず確認してから提出してください。

補助金を受け取り

リフォーム完了後、実際にかかったリフォーム費用の明細と補助金の受け取り申請を行います。補助金制度によっては、工事費用の領収書写しを提出しなければなりません。

補助金申請が通ったら、指定された日にちに補助金が受け取れます。

それぞれの補助金によって、申請方法の詳細を確認しておきましょう。不明な点があれば、必ず担当者へ確認しておきましょう。

金沢市の補助金申請で必要な書類

補助金を受け取るためには、必要書類を揃えて申請する必要があります。もちろん、制度によって必要な書類は異なります。

しかし、一般的に必要となる書類は同じです。ここでは、補助金申請で一般的に必要とされる書類について、詳しく解説します。

まずは、補助金申請書です。各補助金制度によって、使用する補助金申請書は異なります。

基本的には、補助金制度を用意している公共機関や団体の公式ホームページで入手できます。ネットで検索し、ダウンロードすれば自宅に居ながら用意可能です。

続いて、リフォーム業者から受け取る見積書です。見積書には、工事内容や費用が記載されていなければなりません。

そして、リフォーム計画書も必要です。リフォーム計画書も業者が作成し、工事の詳細が記載されています。

リフォームをする箇所や工事期間、工事内容などの記載が必要です。また、制度によっては、既存建物の図面やリフォーム後の図面が必要になります。

そして、補助金制度を申請するためには、条件を満たしていなければなりません。その条件を満たしている証明書が必要な場合があります。

そして、リフォームが完了したら、報告書を提出します。報告書は、予定していたリフォーム工事が、実際に完了しているか証明する書類です。

リフォーム後の写真や領収書の写しを求められる場合もあります。これらが、補助金申請時に求められる一般的な書類です。

先述したとおり、補助金制度によって必要な書類や不要な書類が異なります。申請前に確認しておくことで、漏れなく申請ができます。

必要書類に不備があったり、不足していたりすると、申請に時間がかかり、補助金が受け取れない可能性が高いです。

リフォームを検討したら、まず利用できる補助金制度を調べましょう。

まとめ

本記事では、金沢市のリフォームで利用できる補助金制度について、詳しく解説しました。補助金制度によって、公募期間や条件が異なります。

リフォームを検討したら、金沢市で公募している補助金制度を調べましょう。リフォーム工事の内容や金額によって、利用できる補助金が決まります。

また、多くの補助金制度は、公募期間であっても、予算に達し次第締め切ります。補助金を受け取るためには、早めに申請することが大切です。

申請はリフォーム業者が代行していることもあるので、自分で申請するのが不安な方は相談してみましょう。

【金沢市】おすすめのリフォーム業者ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名スペースシステムズフジタ新築そっくりさん喜多ハウジングニッカホーム金沢
特徴大きな工事から小さな工事まで迅速・丁寧に対応細やかな心配りが行き届く「細心設計」全国展開していて資本力のあるリフォーム会社数々の賞を受賞している北陸三県対応の会社自社施工、一貫担当制にこだわる会社
詳細リンク詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
リフォーム関連コラム