石川県金沢市の口コミで評判のいいリフォーム業者を徹底比較!お役立ち情報とともにランキング形式で業者を紹介します。

ビルトインガレージはリフォームで後付けできる?

公開日:2024/03/15


ビルトインガレージは、家の一部として設計されたガレージですが、後から設置することは可能なのでしょうか。今回は、リフォームでビルトインガレージを追加することができるかどうかについて説明します。ビルトインガレージのメリットやデメリットについても解説します。ビルトインガレージのリフォームが気になる方はぜひご覧ください。

ビルトインガレージとは?

ビルトインガレージは、日本のように土地が限られた場所でとくに人気のあるガレージの形態です。これは、家と一体化したガレージであり、1階部分を利用されているご家庭が大半でしょう。

車を保護しながらも居住空間との一体感を提供し、車好きにとっては愛車を眺めながら過ごせる魅力的な空間となります。

ビルトインガレージのメリット

ビルトインガレージには数々のメリットがあります。まず、土地を有効活用できる点が挙げられます。狭い土地でも、建物の一部としてガレージを設置することができるため、貴重なスペースを無駄にしません。また、車を室内に収納できるため、車の保護にも優れています。

さらに、ガレージが家と一体化しているため、セキュリティが高く、不審者からの車の盗難リスクが低減します。

また、ガレージから室内に入れるようにすれば、雨の日の外出も濡れることなく快適です。その他にも、ビルトインガレージを所有していると、地方自治体によっては固定資産税の優遇措置を受けることができる場合があります。

ビルトインガレージのデメリット

一方で、ビルトインガレージにはいくつかのデメリットも存在します。まず、居室部分が狭くなるという点が挙げられます。ガレージを設置するために居室スペースを削る必要があり、部屋の広さに制約が生じることがあります。

また、ガレージに車を収納する際の騒音や、換気の問題も発生します。とくに、ガレージが密閉されている場合は換気が悪くなりやすく、排気ガスや湿気が屋内に溜まる可能性があります。

さらに、ガレージの耐震性について懸念があります。建物の1階部分に車が出入りできるほどの大きな開口部を設けることで、建物を支える部分が少なくなる構造になるためです。

以上のように、ビルトインガレージは利便性やセキュリティの面で優れていますが、居室スペースの制約や耐震性の問題など、注意すべき点も存在します。リフォームを検討する際は、メリットをデメリットを理解し適切な判断を行うことが重要です。

リフォームで後付け可能?その方法とは

リフォームでビルトインガレージを後付けすることは可能です。ビルトインガレージのリフォームには様々な方法が存在します。

一つは、庭を潰して増築する方法です。庭の一部をガレージスペースに変えることで、車を安全に保管できるスペースを確保できます。

もう一つは、1階部分の不要になった部屋を減築・解体してガレージに変更する方法です。使われていない部屋をガレージに変えることで、既存のスペースを有効活用することができます。

また、ビルトインガレージのリフォームの方法として、スケルトンリフォームも注目されています。これは、建物の骨組みだけを残して、間取りを含めて全面的にリフォームする方法です。スケルトンリフォームを用いることで、耐震性の確保やビルトインガレージに伴う構造上の問題を解決することが可能になります。増築との相性も良く、居住空間の面積を維持しながらガレージを新たに設けることができます。

ここまでに紹介してきた方法でビルトインガレージの増築を実現するためには、構造上の変更が必要です。そのため、専門的な知識と経験が必要となり、信頼できるリフォーム会社の選定が重要になります。

また、リフォームをする際は、地域の建築基準や法規制を遵守することも忘れないようにしましょう。ビルトインガレージのリフォームは、家族のライフスタイルや住まいに合わせて柔軟に対応できるメリットがあります。慎重な計画と信頼できるリフォーム会社の存在がリフォームを成功させるためのポイントといえるでしょう。

種類がある?ビルトインガレージに設置するシャッター

ビルトインガレージにシャッターを設置するかどうかは、リフォームを検討するうえで重要な検討事項です。そしてビルトインガレージに設置できるシャッターには、さまざまな種類があり、その中でも代表的なものを以下に紹介します。

巻き取り式

手動・電動どちらもあり、上部のシャッターボックスに巻き上げられるオーソドックスなタイプです。コンパクトに収納できるのが特徴で、電動の方が騒音を大幅に減らすことができます。

オーバースライダー式

天井に沿ってシャッター板が収納される仕様です。開閉スピードが速く、騒音が少ないのが特徴です。ただし、雨の後に濡れたドアを上げると、天井から雨水が落ちる可能性があるので注意が必要です。

スイングアップ式

シャッター板を前開きに開閉するタイプで、天井に収納されます。シャッター板の形状を変えずに収納するため、比較的壊れにくいですが、前開きであるため、設置スペースが必要です。

横開き式

引き戸のように横に開閉するタイプで、手動・電動どちらもあります。自身で簡単に掃除できる利点があります。シャッターを設置する際には、スムーズな動線の確保やガレージと寝室の距離、換気設備の設置、メンテナンス計画、将来の車との兼ね合いなど、いくつかのチェックポイントを考慮する必要があります。

また、シャッターなしのビルトインガレージをリフォームで増築した後、将来的にシャッターを後付けすることも可能です。

まとめ

ビルトインガレージのリフォームやシャッター設置には、慎重な計画と適切な選択が必要です。リフォームでビルトインガレージを後付けすることは可能であり、その方法には庭の利用や部屋の再配置などがあります。また、シャッターの種類も多様で、各々の特徴を考慮しながら適切な選択を行うことが重要です。自身のライフスタイルや住宅環境に合わせて、理想的なビルトインガレージを実現しましょう。

【金沢市】おすすめのリフォーム業者ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名スペースシステムズフジタ新築そっくりさん喜多ハウジングニッカホーム金沢
特徴大きな工事から小さな工事まで迅速・丁寧に対応細やかな心配りが行き届く「細心設計」全国展開していて資本力のあるリフォーム会社数々の賞を受賞している北陸三県対応の会社自社施工、一貫担当制にこだわる会社
詳細リンク詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
リフォーム関連コラム