石川県金沢市の口コミで評判のいいリフォーム業者を徹底比較!お役立ち情報とともにランキング形式で業者を紹介します。

リフォームでバリアフリー化!補助金はいくらもらえる?

公開日:2024/05/15

?

高齢者や要支援・要介護の方にとって、バリアフリーな住まいは快適な生活を送るために必要不可欠です。しかし、バリアフリーリフォームには多くの費用がかかるため、補助金の活用は大きな支えとなります。本記事では、国や自治体から受けられる補助金の制度や申請方法、具体的な対象工事などを解説していきます。

バリアフリーリフォームの補助金はいくらもらえる?

バリアフリーリフォームは、車椅子の利用や広々としたリビング空間を実現するためのリフォーム工事です。

具体的な工事内容としては、手すりの取り付け、床の段差解消、開き戸から引き戸への変更などが挙げられます。これらの工事にかかる費用は、一般的に次の通りです。

手すりの設置(トイレ・浴室・廊下・玄関など): 3~10万円/箇所
床の段差解消: 1~20万円/箇所
室内ドアを引き戸へ変更: 5~30万円/箇所

さらに、床を滑りにくい素材に変更する、和式便器を洋式トイレに取り替えるなどの工事も補助金の対象となります。
バリアフリーリフォームには、国や自治体からの補助金制度があります。

まず、国からの補助金制度としては、介護保険制度があります。介護が必要な人や支える人の住まいにバリアフリーが必要な場合、介護保険によって工事費用が支援されます。要介護認定を受けている方には、最高20万円まで補助が受けられます。

次に、自治体からの補助金制度もあります。国の介護保険制度とは異なり、要介護認定を受けていない方でも対象となる可能性があります。各自治体によって異なるので、詳細は自治体にお問い合わせください。補助金の金額や手続きは複雑ですが、自治体のポータルサイトなどで情報収集し、制度を理解して活用しましょう。

補助金以外にもらえるお金

バリアフリーリフォームを行う場合には、補助金以外にも活用できる制度があります。

減免制度

バリアフリー工事を行う際には、所得税の還付を受けることができる減免制度もあります。

この制度を利用することで、最大で62万5000円のバリアフリー減税を受けることができます。バリアフリー減税の対象となるのは、要介護認定を受けている方や65歳以上の高齢者世帯などです。対象となる方は、確定申告を行う際に申告することで減税を受けることができます。

バリアフリー減税の申請手続きは、確定申告書に特定の欄に必要事項を記入するだけで簡単に行うことができます。申請に必要な書類や手続きについては、税務署や自治体の窓口にお問い合わせください。

バリアフリー減税制度は、バリアフリー工事にかかる費用の一部を補助することで、高齢者や障害を持つ方々が安心して暮らせる住環境を整備するための制度です。是非、活用して快適な住まいを実現しましょう。

介護保険

介護・バリアフリーリフォームの際には、介護保険制度が利用できることがポイントです。

要支援者または要介護者と認定された方が居住する場合、最大で20万円の補助を受けることができます。自己負担金は1~3割となります。具体的な申請方法は、地域によって異なりますが、介護保険の申請書を提出することで手すりやスロープなどの工事費用の一部を助成してもらえます。

工事費用が10万円の場合は7~9万円、20万円の場合は14~18万円が助成されます。要介護認定がなくても、高齢者が居住している場合には、バリアフリーリフォームの補助金を受けることができる地域もあります。また、介護保険と併用して自治体が支給する補助金制度を活用することもできる場合があります。

バリアフリーリフォームの補助金に関する注意点

リフォーム補助金を利用する際には、申請時期やタイミングに注意が必要です。

補助金は税金で運営されており、予算や期間が限られていることが多いため、適切なタイミングで申請することが重要です。まず、リフォーム補助金を利用する場合、ほとんどの場合はリフォーム工事を開始する前に申請する必要があります。工事を始めてからでは遅いため、注意が必要です。

ただし、一部の制度には例外があるため、詳細な条件を確認することが重要です。また、工事完了までの期限が設定されている場合もありますので、工事日程の調整も重要です。さらに、補助金制度は予算が限られているため、予想以上に早く締め切られることがあります。

そのため、「受付期間中だから大丈夫」と考えず、早めに申請手続きを行うことが重要です。一般的に、補助金の募集は新年度に開始され、夏や秋には受付が終了してしまうことが多いです。

ただし、公募期間前に申請すると助成対象外となる場合があるため、計画的に申請することが必要です。焦らずに申請を検討し、利用する補助金に応じた手続きを行いましょう。

まとめ

バリアフリーリフォームは、高額な費用がかかるため、補助金の活用は非常に重要です。介護保険制度や自治体の助成金制度、さらには減税制度を上手に活用することで、負担を軽減し、快適なバリアフリー住宅を実現できます。リフォームを検討している方は、これらの制度を正しく理解し、積極的に補助金の活用をおすすめします。補助金の申請には手続きが必要であり、申請期限や条件にも注意が必要です。しかし、しっかりと準備をして補助金を活用すれば、快適なバリアフリー住宅を実現できます。

【金沢市】おすすめのリフォーム業者ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名スペースシステムズフジタ新築そっくりさん喜多ハウジングニッカホーム金沢
特徴大きな工事から小さな工事まで迅速・丁寧に対応細やかな心配りが行き届く「細心設計」全国展開していて資本力のあるリフォーム会社数々の賞を受賞している北陸三県対応の会社自社施工、一貫担当制にこだわる会社
詳細リンク詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索