口コミで評判のいいリフォーム業者を徹底比較!お役立ち情報とともにランキング形式で業者を紹介します。

意外と知らない!「リフォーム」と「リノベーション」の違い

公開日:2021/05/01


「リフォームとリノベーションの違いとはなに?」と疑問に感じている人も多いのではないでしょうか。テレビやネットで見聞きする機会もありますが、きちんと違いを理解できている人は少ないと思います。そこで今回の記事では、リフォームとリノベーションの違いやそれぞれのメリット・デメリットについて解説しましょう。参考にしてください。

リフォームとは

リフォームとは、老朽化した建物を新築の状態に戻すことを指し、原状回復工事ともいいます。賃貸物件であれば退去する際に原状回復を行い、管理会社に引き渡す作業がリフォームに相当するようです。リフォームの本来の意味としては、自分の好みのスタイルにするのではなく、部屋を新築の状態に戻すことを意味しています。

リノベーションとは

リフォームは元に戻すという意味があるのに対し、リノベーションは作り変えるという意味があります。つまり、建物に大規模な工事を行って、自分の住みやすい環境に変えるのがリノベーションなのです。そのため、間取りや配線などの内外装を自分の好みのスタイルに変えて、住まいの空間をデザイン性の高いものに作り変えられます。ライフスタイルや環境に合わせて自由にアレンジできるので、近年ではリノベーションの人気が高まっているようです。

両方にメリットとデメリットが存在する

リフォームとリノベーションのメリットやデメリットを解説します。

リフォームのメリット

リフォームのメリットは主に3つあります。

・工事費用が安く抑えられる
工事を行う箇所は部分的・表面的なので、費用は最低限に抑えられるでしょう。

・工事期間が短い
工事箇所が部分的なので、工事期間も比較的短いようです。一般的には、半日~1ヵ月程度で工事が完了します。賃貸物件に住んでいる場合、実際に住み始めるのは工事が終わってからです。そのため、購入物件と家賃を二重で支払う期間が発生するでしょう。工事期間が短ければ重複期間も短くなるので、経済的にも嬉しいメリットといえそうです。

・完成後の住まいをイメージしやすい
新築の状態に戻すだけなので、完成後をイメージしやすいでしょう。部屋のイメージに合わせた家具を購入でき、スムーズに配置できます。

リフォームのデメリット

次に、リフォームのデメリットを2つ紹介しましょう。

・自由な間取り変更ができない
リフォームなので、間取りや水回りの位置は変更できません。既存の間取り通りになるので、生活スタイルに合わせた空間を自由に再現するのには不向きといえます。

・住宅の状態確認ができない
リフォームでは強度や配管、柱など住宅の内部の状態が確認できません。そのため表面的な部分はキレイに見えても、内部が劣化している可能性もあります。

リノベーションのメリット

続いて、リノベーションのメリットを4つ紹介します。

・好みの設計ができる
フルリノベーションであれば、内装や間取り、配管の位置など、すべて好みのデザインに変えられます。家族の希望に添った空間づくりができるので、家族のライフタイルに合わせた家を作れるでしょう。

・資産価値が高くなる
本来であれば、物件の築年数が古いと資産価値が下がりますが、リノベーションすれば資産価値が高まったり、下がりにくくなったりします。

・選べるエリアや物件数が多い
新築であれば、空いている土地の限られたエリアにしか建てられません。しかしリノベーションであれば、人気のエリアで物件を選べる可能性があります。たとえば、人気エリアの駅近物件など、新築では難しいような場所でも要望に近い家を見つけやすいでしょう。

・新築を建てるよりお得
新築は価格設定が高いものです。しかし、リノベーションであれば安く購入でき、自分の好みに合わせた内装に変えられるのはうれしいポイントではないでしょうか。

リノベーションのデメリット

リノベーションするデメリットを4つ紹介します。

・工事期間が長い
リノベーションは解体工事から始めるので、工事期間が長くなります。2~3か月かかる可能性もあり、入居までに時間がかかるでしょう。

・解体後に発覚する問題
外観だけではわからなかったことが、解体して初めて発覚する場合もあります。たとえば、柱や梁が思ったよりも劣化していて、補強作業が必要な場合などが考えられるでしょう。他にも、水回りの配置を変更する予定だったが、家の構造上、想定していたように配置できないという場合も出てきます。間取りを決めていたのにプランを変更しなければならなくなり、工事の追加で想定していた金額をオーバーする可能性もあるでしょう。

・間取りが変更できない物件もある
建物の構造上、間取りを変えられない物件もあります。マンションの場合には、間取りを変えるのが難しい物件もあるので、リノベーションをすると決めているのであれば、事前にその旨を伝えておきましょう。

・ローンの金利が高くなる
一般的に中古物件では、ローン減税が適用されません。また住宅ローンではなく、リフォームローンとなる可能性が高く、金利が高くなってしまいます。地域によってはリフォーム減税や補助制度があるので、制度を利用したい場合は事前に確認しておきましょう。

 

今回はリフォームとリノベーションの違いについて解説しました。リフォームは、家を元の状態にキレイにするもので、リノベーションは間取りなどを自由に設計できるものです。また、メリットもデメリットもそれぞれあるので、自分に合った方法をよく考えて選ぶことが重要です。

【金沢市】おすすめのリフォーム業者ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名スペースシステムズフジタ新築そっくりさん喜多ハウジングニッカホーム金沢
特徴大きな工事から小さな工事まで迅速・丁寧に対応細やかな心配りが行き届く「細心設計」全国展開していて資本力のあるリフォーム会社数々の賞を受賞している北陸三県対応の会社自社施工、一貫担当制にこだわる会社
詳細リンク詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧