口コミで評判のいいリフォーム業者を徹底比較!お役立ち情報とともにランキング形式で業者を紹介します。

リフォームするならウォークインクローゼット?クローゼットの違いは?

公開日:2022/03/15

クローゼットは衣類を収納するスペースとして定番となっていますが、実はいくつか種類があります。それぞれどのような違いがあるのか理解することで、リフォームの際にどのクローゼットが一番自分に合っているのか決める目安にもなるでしょう。この記事では、リフォームによるクローゼットの設置についてまとめています。

ウォークインクローゼットとは

ウォークインクローゼットは、人も入ることができる余裕がある収納スペースになります。中には棚やハンガーパイプが設置されていて、たくさんの衣類を収納できるようです。

ウォークインクローゼットのメリット

ウォークインクローゼットのメリットは、収納力です。たっぷり収納できるだけでなく、中に入って探し物もできるスペースがあるので、収納したものがなかなか見つからないということもありません。

洋服は季節モノも収納できるうえ、洋服だけでなくバッグや靴なども収納可能です。整理整頓しやすいスペースを確保できる点がメリットです。また、クローゼット内に余裕があれば中で着替えることもできます。

クローゼットといえば、衣類を収納するイメージがあるかもしれませんが、ウォークインクローゼットの場合は収納スペースが広いので、衣類だけでなく季節家電を収納したり、日用品の予備を収納したりしておくというような使い方も可能です。

ウォークインクローゼットの種類

ウォークインクローゼットにもいくつか種類があります。種類というよりも、クローゼットの形といったほうが分かりやすいかもしれません。「収納棚全面型」「ユニット棚型」などがあります。ウォークインクローゼットに使えるスペースに合わせて形を選ぶことになるようです。

収納棚全面型は、ウォークインクローゼットの中の壁前面に棚がついているものです。中に棚を設置しなくても最初からついているのでより使いやすいといえるでしょう。

ユニット棚型は、棚を最初から設置しないで自分で収納キャビネットを購入して配置していくタイプになります。収納したいモノに合わせて自分でカスタムできるので、自分で収納スペースを細かく決めたい場合はこちらが便利ということもあります。

ウォークスルークローゼットもある

ウォークインクローゼットよりもさらに広く便利に使えるとされているのが、ウォークスルークローゼットです。設置する場合は広いスペースと充分な幅が必要になります。

部屋同士をつなぐ通路としての役割も果たしてくれるクローゼットで、出入り口が2か所ある点と通り抜けできる点がウォークインクローゼットとの違いです。より便利に使いたい場合は、ウォークスルークローゼットも検討してみるとよいでしょう。

通常のクローゼットとの違い

ウォークインクローゼットと通常のクローゼットでは、どのような点が異なるのでしょうか。

通常は洋室に設置されている

通常のクローゼットは衣類収納スペースとして洋室に設置されています。和室の場合は、クローゼットではなく押入れになるでしょう。洋室のクローゼットはとてもコンパクトです。大きさは奥行き50cmから60cmくらいで、中で着替えたりすることはできません。一人分の衣類を収納できるスペースです。

これに対して、ウォークインクローゼットは、家族全員の衣類を収納するスペースがあり、中で着替えることができ、衣類以外も収納できるというようなことが違いとして挙げられます。

リフォームする際の注意点

ウォークインクローゼットをリフォームする際は、下記の点に注意しましょう。

設置する場所

ウォークインクローゼットを設置する場所は、玄関付近や廊下付近、寝室や脱衣所などが主に挙げられます。もちろんそれ以外の場所でも設置できないわけではありませんが、生活動線や家事動線を考えると、これらの場所が選ばれることが多いです。どこに設置するかは、家族のライフスタイルも考慮して決める必要があるでしょう。

たとえば寝室に設置した場合、朝早くに出かけるときは、まだ寝ている家族を起こしてしまう可能性もあります。玄関や廊下ならそのようなことはないでしょう。脱衣所に設けることで、お風呂から出てすぐにクローゼットの中で着替えることも可能です。どこに設置するとより便利に使えるのか考えてみましょう。

設置できる充分な広さが確保できるか

ウォークインクローゼットをリフォームする場合、まず通路幅をしっかり確保できるか確認してください。リフォームの方法はさまざまですが、クローゼット内の通路が狭くなってしまうと使いにくいです。中でモノを探したり着替えたりする場合はなおさらスペースが必要です。設置した棚やパイプなどが身体に当たらない幅は確保しましょう。

 

ウォークインクローゼットとクローゼットの違いや、リフォームする際の注意点などをお伝えしました。クローゼットを設置する際は、使い勝手のよさを考えてリフォームする必要があります。金沢市のリフォーム業者では、クローゼットのリフォーム事例もたくさんあるので、まずは相談してみてください。

【金沢市】おすすめのリフォーム業者ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名スペースシステムズフジタ新築そっくりさん喜多ハウジングニッカホーム金沢
特徴大きな工事から小さな工事まで迅速・丁寧に対応細やかな心配りが行き届く「細心設計」全国展開していて資本力のあるリフォーム会社数々の賞を受賞している北陸三県対応の会社自社施工、一貫担当制にこだわる会社
詳細リンク詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧